excitemusic

モルトクラブ・・・と言いながら何をお話しましょうか?
by pengopengo
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お友達ブログリンク
THINK-ALOUD
UK Strollers ― イギリス好きの羅針盤
Baile Beag
琥珀色のPENGUIN
モルトの灯
人気blogランキングへ
Penguin's Bar






Click for the latest Edinburgh weather forecast.
Click for the latest Fukuoka Airport weather forecast.
MaltLINK
ONODA BAR岡山県倉敷市にあるBar。Maltも多いが何よりマスターの人柄がホッとさせるお勧めのお店。

アクセス解析
カテゴリ
お気に入りブログ
その他のジャンル
画像一覧


カテゴリ:The Bars( 13 )

The Bars18(愛媛2) Bar g(松山)

Bar gには他のお店の方に紹介をして頂いてお伺いしました。

松山のBarに行くたびに「どこかMaltが置いてある店がない」聞いて回っているものの、やっぱりMaltに関してはここだというお店が見つからないのが現状です。一方カクテルのほうはというと、どこのお店も頑張っているように思えます。もしかするとこれが県民性なのかもしれませんね。

そんななかで今回お伺いしたBar gはMaltもあってあってカクテルもおいしいというお店です。そんなにマニアックなMaltは置いてありませんが、スタンダードなところはしっかりと押さえてくれています。またちょっと珍しいものや話題のものも置いてあるので最近Maltに興味があるんだけど、MaltBarは敷居が高いし・・・という人にはぴったりかもしれません。

お店の雰囲気もBarらしいBarと言えるでしょう。長いカウンターとテーブル席。後ろの席で仲間と話すのも良いかもしれません。バーテンダーもよく気が付きます。もちろんオーナーバーテンダーの方は話していても楽しくてとても礼儀正しい方でした。Pengoはまだ2回しか行ったことがないのですが、半年ぶりぐらいに行ってもしっかりと覚えてくれていました。そういうのってとてもうれしいですよね。また来ようと思ってしまいます。

場所も松山の三越の近くで、いわゆる飲み屋街の一番端になるのでそんなに人ごみに巻き込まれることもないかな?と思います。ぜひ松山に来られるならここもお勧めのBarです。

2010年6月8日追記------------------------------------------------------------------------------------

お店は先日移転しました。少し東に行ったところになりますが、一階になったので入りやすくなったかと思います。雰囲気は以前と変わらずでした。詳細はまた改めて。

Whisky度 ★★★
Cocktail度 ★★★
マスターの礼儀正しさ度 ★★★★★
[PR]
by pengopengo | 2009-10-15 20:16 | The Bars

The Bars17(四国3) 舶来酒房Smuggler(高松2)

四国に転勤に来る前に、会議などで高松に来たときに1度だけ行ったことのあったお店、舶来酒房Smuggler(スマグラー)。しかし残念ながら2度目に行くことなく閉店してしまっていたお店です。カウンターが特徴的で面白いボトルもかなりたくさんあったのでものすごく残念に感じていました。

c0009617_23165169.jpg






























そのオーナーバーテンダーが、場所も新たにお店を再度オープンすることになりました。お店自体は少し小さくなって、ボトルももう一度集めなおしているようで以前のようにオールドボトルなどがわんさかということはありません。でも渋いところはきちんと押さえています。マスターの接客も申し分ありません。みんなマスターとの話を楽しみにしているので、誰かに偏ることなく満遍なく相手をしてくれます。それは一見さんも常連さんもあまり関係なく対応してくれています。

再出発をされて、これからまた楽しみが増えました。
[PR]
by pengopengo | 2009-05-01 23:18 | The Bars

The Bars16(東京3) NIKKA BLENDER'S BAR(青山)

今回は友人の結婚式に出席するために東京へ行きました。先月も同期会があって行ったので2ヶ月連続になります。海外旅行を自粛している割には国内旅行へ行っているので一緒かな?とか思ったりしています(^^♪

c0009617_17355945.jpg結婚式の場所が青山でしたので、その辺をネットで検索すると・・・出てきました。NIKKA BLENDER'S BARが。前々から行きたかったのですが、中々行くチャンスがなかったお店です。NIKKAファンのPengoとしては嬉しい限りです。2次会の場所からも近く、丁度1時間程度開いたのでまず一回目の訪問をしました。

階段を降りて地下に行くとお店の中が2つに分かれています。「うすけぼー」と「NIKKA BLENDER'S BAR」です。うすけぼーの方はパブレストランだそうです。詳しく調べていなかったのでとりあえずバーの方へ行きます。

c0009617_17363513.jpgc0009617_17364890.jpgカウンターとテーブル席があり少し広めです。その日はたまたま佐藤さんが後ろにプライベートで来ていました。もちろん一方的に知っているだけで、佐藤さんは私のことは知らないんですけど^^;詳しくは聞いていませんが、何かwhiskyのお話しをしていたようです。さて一杯目は、Pengoの大好きだったanniversaryを開発した井関さんのブレンドした「ブレンダーズ・ウィスキーNo3」を頂きます。こちらのオリジナルのブレンドはそのレシピをすべて知ることが出来ます。これはwhisky好きには非常に興味のあるところです。PengoはNIKKAのウィスキー塾というところでブレンド体験もしています。適当に混ぜ合わせても適当なものしか出来ませんが、分からないなりに工夫して作るとそれなりに面白いものが出来たりします。でもさすがにプロは違いますね。とっても美味しくて、特徴のあるものが出来ていました。もう一杯ソサイエティのものを頂いていると時間になったので3次会の会場へ向かいました。

c0009617_17361426.jpg3次会も楽しく過ごした後、一人でもう一度NIKKA BLENDER'S BARへ向かいました。どんだけNIKKA好きやねんと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、Pengoは超がつくくらいのNIKKA好きです。さて今度は
ハイランドパークの3種類お試しセットを頂きます。この時にPengoは最初ティスティンググラスに入れてくださいとお願いしました。でもそれがうまく伝わっていなかったのか、普通のショットグラスで出てきました。すでにかなり飲んでいたし、気分の問題だったのでまあいいかと思って飲み始めました。そこへフロアのマネージャーのような方が来て話しを聞いてくれました。Pengoはもう良いですよと言ったのですが、出しますということで出してくれました。確かにティスティンググラスの方が香りとか分かりやすいし、なにより気分が違いますよね。小さな違いですけど嬉しかったです。最後に「ブレンダーズ・ウィスキーNo7」(これも井関さん)を頂いてお店を後にしました。

バーテンダーの方とも話していたんですが、やはりNIKKAの扱いのwhiskyしか置いていないようです。NIKKAの経営のBarなので仕方ありませんが、そこは懐に広いNIKKA。是非いろんな蒸留所のものも置いてみて、飲み比べができるようにしてほしいですね。もちろんSuntory取り扱いのものは無くても良いんです(^^♪

お店自体は雰囲気も良く、一人で行くのも全く気にならないお店です。女性も一人で来ていた位です。出来ることならイベントをもっと増やしてくれて、週末には月に何度かはブレンダーの方も来てほしいなーと思うのはPengoのわがままでしょうか。

Whisky度 ★★
Cocktail度 ?
NIKKA LOVE度 ★★★★★
[PR]
by pengopengo | 2009-04-21 12:56 | The Bars

The Bars12(滋賀) BarThistle(彦根)

会議の関係で滋賀県に行くことになりました。毎度のことですが地元のBarに行きたいと思い大津で検索したのですが中々これといって行ってみたいお店が出てこない・・・せっかく滋賀に行くのに・・・と思っていたところ、彦根に面白そうなお店があることが判りました。BarThistle。おそらくはこんなことでもない限り絶対に泊まりで行くことはないようなところです(ごめんなさい)。なんて言いながら長浜にも気になるお店があるのですが・・・(^^♪

この日は会議も終わって運良く滋賀の友人と会う時間が取れました。数年ぶりの再会だった事もあり結構いい気分になるくらいまで酔っ払ってしまいました。それから彦根に戻ったのは23時くらいだったかな?どうしようか悩んだけどせっかくここまで来たのでとりあえず行ってみることにしました。

彦根駅からタクシーで1000円程度でした。お店に入ると週末ということもあるのかほぼ満席状態でした。活気があっていい感じです。雰囲気も非常によい感じです。飲みすぎているPengoですがとりあえずいつものマンハッタンをいただきます。せっかくなのにあんまり覚えていない・・・時間が経ってしまったからかしら?

でも食べたものははっきりと覚えています(^^♪チキン&チップスです。これがボリューム満点でした。珍しく全部食べ切れなかったのでお持ち帰りが可能か聞いたところOKとのお返事。次の日に朝ごはん代わりに電車を待っている間に食べました。美味しかったです。これも写真撮り忘れてる。

この日は本当にキツクてそんなには飲めませんでしたが、少しするとお店もすいてきてバーテンダーと話をすることができました。オーナーバーテンダーさんは以前大阪の帝国ホテルで働かれていたそうです。丁度そのころPengoも福岡勤務だったので大阪に来るときはいつも帝国ホテルでした。なんだかなつかしーな。でもあんまりホテルバーは利用していなかったのであったことはなかったと思います。

さてこのお店、感想としては彦根に置いておくのはもったいないなー(失礼)と思いました。できたら松山に店だしてほしいなーと思ってしまいました。そして改めて各地にはまだまだ知らない素敵なお店がたくさん存在することを確認しました。

Whisky度 ★★★(ごめんなさい、あんまり覚えてなくて・・・)
Cocktail度 ★★★(ごめんなさい、あんまり覚えてなくて・・・)
彦根の観光名所にしましょう度 ★★★★★
c0009617_0395966.jpg


BarThistlec0009617_0471345.gif
[PR]
by pengopengo | 2008-07-25 00:40 | The Bars

The Bars11(四国2) 舶来洋酒店 SILENCE Bar(丸亀)

四国にはMaltBarが少ないなーと嘆いていたPengoですが、ついに運命のBarに出会ってしまいました。今日行ってきたところなんですが、嬉しくて嬉しくて頑張ってUPする事にしました。

そのお店は香川県丸亀市にある「舶来洋酒店 SILENCE Bar」です。こちらは高松にある「House of John Barley Corn」のマスターに紹介していただきました。ホテルからタクシーでお店に向かいましたが、お店についてまず1つ目のびっくり。まるで映画に出てくるようなぽつんと立ったお店です。しかも港にあるので余計に際立った感じです。私が映画監督をするチャンスがあるならその舞台にココを選ぶのは間違いないほどです。きっと感動の映画が取れること間違いありません。そして戸を開けると2つ目のびっくり。真っ暗で何にも見えない^_^;それにマスターもいなくて、Venice Masksのような物が目に入ってきます。こわーい。でも空間が非常にゆったりとしていて、本当にかっこいいのです。私も日本中のいろんなBarに行きましたが、ここが一番かっちょいいお店です。いや、本当に。ボトルの置き方も中々良い感じです。

「こんばんは」と声を掛けてしばらくすると奥の方からマスターが出てきました。少し小柄な感じですが渋めの感じもマスターです。58歳とのことですが、そんな感じが全くしません。とても謙虚で物腰も柔らかい感じです。お店の雰囲気ともばっちり合っています。

そんなお店ですのでPengoのお酒もすすんでしまいます。いやー、結構飲みました(^^♪近いうちにUPしますね。カクテルも基本に忠実でフレッシュもその場で絞っていましたのでおいしいことでしょう。

こちらのお店は文句なく四国NO1のボトル数があると思います。もちろん関西や福岡の他の有名どころのお店と比較しても遜色ないお店だと思います。なによりその雰囲気は他の追随を許す事はないと思います。もしかしてPengoの松山転勤はココとめぐり合うための必然ではないのか?と思うほどです。

全国のMalt好きな皆様(特にnanbaさん)、このお店のために丸亀にぜひお越しください。ミシェランで言えば☆☆☆のお店といえるでしょう。今後も追記させていただきたいと思います。

Whisky度 ★★★★★
Cocktail度 ★★★
Pengoの運命の出会い度 ★★★★★
[PR]
by pengopengo | 2008-04-18 01:29 | The Bars

The Bars10(四国1) House of John Barley Corn(高松)

さて、岡山から松山へ転勤となって早3ヶ月。元々四国とは会議などで交流があったのですが松山は初めてです。但し会議などは高松が多いのでその辺のお店を中心に改めて紹介して行きます。中々四国のBarの情報は見ませんので皆さんのお役に立てれば幸いです。

四国の1軒目は高松にある「House of John Barley Corn」。このお店を知ったのは実はWhiskyworldに載っていたからだったりします。四国のBar情報は本当に中々見つからず、特にMaltのお店はネットの検索でもほとんど引っかかりません。とはいうものの、ここぞというお店からお店へ情報をいただきながら少しずつ広がっていってる所です(^^♪その起点となっているのがこちらのお店です。

このお店、最初は中々たどり着く事が出来ません。なんせ看板らしい看板がでていないし、前を通ってもそれとは気が付かない門構えなのです。注意して探してみましょう。そして一歩お店に足を踏み入れるとそこは・・・真っ暗^_^;と言うほどではありませんが照明はかなり押さえ気味です。カウンターがメインで後ろにテーブルがひとつあったかな?BackBarにはずらりとボトルが並んでいます。数としては四国としてはTOPクラスになることでしょう。珍しい物も多くあり、モルト好きな人は十分楽しめることでしょう。ちょっと渋めのマスターはその見かけよりも気さくで良く話しに付き合ってくれます。でもその分一人のお客さんとの話が長く、何組かのお客さんがいると少しさびしい気分になることもあります。お勧めは奥の方の席。しっかりとマスターをキープできる事でしょう(^^♪あとたまに若いバーテンダーが入っている事があります。よーく顔を見ると誰かに似ているのでぜひお楽しみに。彼は東京での経験もありスマートに仕事をこなしています。これからが楽しみですね。

四国は高松の夜はココから始まっても良いと思います。

「House of John Barley Corn」
香川県高松市福田町8-10 ローズガーデンビル1F
営業時間 20:00~翌2:00
休日 無休

Whisky度 ★★★★
Cocktail度 ★
マスターの渋面白度 ★★★★★
[PR]
by pengopengo | 2008-04-12 00:33 | The Bars

The Bars9(東京1) J's BAR

こちらは東京の池袋にあるお店。まだ一度しか行った事がないのですが、これからはそんな事にはこだわらずに行ったお店の感想をお伝えします。

駅からは少し歩きますが、地図をコピーしていけば何とか分かるとおもいます。とりあえずファミリーマートが目印かな?

さてお店は地下にあります。この日は雨が降っていたので看板を確認したもののドキドキしながら階段を降りていきます。地下は最初ちょっとわかりずらいけど、降りてみればすぐに分かります。そして、お店の中には大きなスクリーンが。そう、この日は野球のアジアシリーズの決勝戦。それを後ろで上映していました。モルトバーなのに・・・と最初はおもいましたがやはり勝負の行方は多少なりとも気になりました。

始めてきたお店ですのでとりあえずはManhattanから。特に問題もなく美味しく頂きます。そして次はモルトです。いつものごとく少し意地悪なPengoです。とりあえずクセの少ないスタンダードなところという感じでリクエスト。最初に出してくれたのはハイランドのクライネリッシュ。その後も次々と面白いものを出してくれます。その日は何組かのお客さんがいましたが、それぞれにウマく付き合いながら相手をしてくれました。

お店の雰囲気は結構カジュアルな感じがしました。でも特筆すべきはマスターの接客術というものでしょうか。スクリーンで写していた野球も一つ間違えば雰囲気を台無しにしてしまうアイテムです。でもそれがマスターのキャラクターとウマくあっていたので全く問題なく、しかもある意味良い味を出していました。また、直接の接客も非常に私を楽しませてくれるものでした。これは初めての経験ですが、モルトの選び方がまるで占いのようでとっても楽しかったです。モルトも新しい面白いものからそれなりのものまで変化をもたせて選んでくれました。OKAYAMAのバーテンダー諸氏、一度OKAYAMAの接客との違いを経験しにいってみてください。きっと何か見えてくるとおもいます。

あとはサービス精神が満点でした。初めていったPengoへも、ご自分で書かれた記事のコピーをその場で頂く事が出来たり、ちょっとしたティスティングもさせていただきました。あのW&Mについての記事は楽しく読ませていただきましたm(__)mそれ以外にも楽しませようとする感じはいろんな所で感じられました。

ところで今回このお店を選んで行ったのには理由があります。

毎日拝読しているわけではありませんが、モルト侍というペンネームでこちらのマスターがブログを書いています。内容は本当に多岐にわたり、ご自分の考察も鋭く面白いのですが、文章がかなり堅めで、HPに掲載している写真ともあいまって非常に癖の強い、ある意味ちょい怖い感じのマスターかとおもっていました。ですのでぜひともいろんな意見交換をしてみたいなーと思って選んでみました。でもこちらのマスターはそんな感じとはかけ離れており非常に楽しい時間を過ごさせてくれます。本当にお勧めのお店ですね。

本当はもう1軒別のお店にも行こうと思っていたんですが、こちらのお店の居心地があまりにも良かったのでそちらはまたの機会としました。ぜひ一度訪れてみてください。

Whisky度 ★★★★★
Cocktail度 ★
マスターのMaltMagician度 ★★★★★
[PR]
by pengopengo | 2007-12-10 00:31 | The Bars

The Bars8(岡山3) BAR LYTTON(岡山)

みなさん、こんばんは。Pengoです。

中々いいBarに出会う事の少なかったOKAYAMA。ようやく安心してお勧めできるお店を見つけることが出来ました。お店は1階にある路面店。入り口には大体スタッフがいて扉を開けてくれます。カウンターとテーブル席があり、中2階にも隠れ家風に席が用意されています。テーブルの方はすわり心地の良さそうなソファー。天井が高くて非常に気持ちが良いですし、シックでゴージャスなオーセンティックバーです。奥にはワインセラーなどもありました。とは言ってもPengoの関心はMaltとCocktail。BackBarにあるMaltはそんなに力を入れていないといいながらそれなりに面白い物も置いてあります。お店の雰囲気は満点を付ける事が出来ます。GOOD。

Pengoはかなりたくさんのお店を渡り歩いております。ですので結構シビアに意見をしたりします。要求するものもかなりのレベルの物を期待します。そんなPengoですが、このお店の接客はすばらしい物があります。もちろんここの所OKAYAMAでひどい目にあい続けているので少しばかり基準が甘くなっているかもしれません。それでもここの接客と努力は評価できる物があります。

エピソードを一つ。Pengoは例のManhattan(CCベースのチェリー2個)を2回目の訪問時にお願いしていました。そして3階もの訪問時。お願いをした中島さんはこの日お休みでしたので、黙って例のManhattanは出て来ないと思っていましたが、なんときちんと出てきたのです。何故か聞いてみると中島さんが他のスタッフにも話しを伝達していたとの事。それは彼自身が忘れないために言ったようでしたが、その他のスタッフもしっかりと覚えていたのはすばらしい事です。お客さんの顔や好みを覚えるのは基本中の基本かもしれませんが、その基本が出来ているのは強みになります。今後お客さんがいっぱいの時でも同じように良い接客を期待します。

それでは、おやすみなさい。

Whisky度 ★★★
Cocktail度 ★★
バー砂漠の地OKAYAMAでの心のオアシス度 ★★★★★
[PR]
by pengopengo | 2006-08-09 01:07 | The Bars

The Bars7(岡山2) ONODA BAR(倉敷)

みなさん、こんばんは。Pengoです。

「Barに関する雑感」と銘打った割には、最近はBar紹介となっているこのコーナー。今回は倉敷駅前にあるONODA BARを紹介します。

仕事の関係でたまに宿泊する事がある倉敷。ネットで検索した所、何軒かのお店がヒットしました。そのうちの1軒であるONODA BARを選んで行ってみると、そこにはツタの絡まる良い感じのお店です。上っていく階段も雰囲気があり入る前からワクワク感が上昇します。扉を開けるとながーいカウンターと木の椅子が並んでいます。席は結構たくさんあります。

マスターの第一印象は物腰の柔らかい人だなーということです。すごく柔らか過ぎて最初はそっちかしら?と一人で誤解していました。ごめんなさい、マスター^_^;さて、ながーいカウンターと同じ長さのBackBar一面にはボトラーズを中心にたくさんのボトルが。それもきちんと整理されていて整然と並んでいます。もちろん古いボトルも多く所蔵しており、リーズナブルな価格で提供してくれます。春になれば天井に届くくらい大きな桜を仕入れてきて部屋の中でお花見が出来るという楽しい演出もあります(まだみた事は無いけど)。Scotlandへの渡航経験もあり楽しい話が聞けます。奥の方にはワインセラーのようなものもあり、温度管理も万全のようです。もちろんCocktailもしっかりとしたものを出してくれます。

このBarの魅力はボトルの数などではなく、マスターの接客だと思います。話したいときには声を掛けてくれて、ちょっと一人で居たいときには距離を取った、でも目配りを忘れない心地よい接客術だと思います。OKAYAMAでは苦戦続きのPengoですが、このお店は倉敷に立ち寄った際には必ず訪れたいお店です。みなさんも是非にどうぞ。

それでは、おやすみなさい。

Whisky度 ★★★★★
Cocktail度 ★★★
マスターの腰の低さ度 ★★★★★

ONODA BAR
[PR]
by pengopengo | 2006-06-02 16:49 | The Bars

The Bars4(福岡3) BANGER'S BARR(西中洲)

みなさん、こんばんは。Pengoです。

初めてこのお店に行ったのは考えてみれば今年だったような気がします。親不孝通りにあるONEというBarの矢野さんに教えてもらって行きました。PengoがScotlandに初めて行くという事で、あちらこちらと情報を探している時でした。このBarのOwnerBartenderである北澤さんはScotlandの蒸留所をほとんど回ったという方です。その時の日記も読ませていただきましたが、本当に毎日楽しそうな事ばかり書いてありました。

Scotland以外のことも話をしてみると、Bartenderの修行をPengoの出身地でもある神戸のとあるホテルでしていたという事で話も非常に盛り上がったり、その関係でこれまたScotland通のマスターのいる神戸のKeithやO2などといったお店も紹介してもらいました。他のお店の紹介も快くしてくれるマスターです(^^♪

さてお店の方ですが、こちらではCocktailとOBのMaltを楽しむ事が出来ます。ホテル出身という事もありCocktailも間違いはありません。Maltは現行のオフィシャルボトルがメインですので、珍しい物を求めている方にはいささか物足りないかもしれません。でもOBの数は結構な物がありますので、それだけでも十分楽しめます。ところがこのお店の本当に良い点はボトルの数などといったハード面ではありません。

そう・・・居心地の良さです(^^♪私もいろんなお店を見てきましたが、このお店ほどゆっくりと落ち着いて飲める、というかマスターと話しを楽しめるお店はありません。もちろん年が近いとかScotland好きとか、そういった事も関係しているとは思いますが、とにかく最後にちょっと寄って行こうと思ってしまいます。お店は3時まで開いているので他で酔っ払ってから立ち寄る事もしばしばです。それでも何とか相手してもらえるのも嬉しいです。そんな訳で最初に「考えてみれば・・・」と書いているのは、もう何年も通っているような錯覚に陥ってしまったからです。

おそらくまだガイド本にも載っていないのでこっそり行ってみてください。

それでは、おやすみなさい。

Whisky度 ★★★
Cocktail度 ★★★★
Pengoの居心地の良さ度 ★★★★★

BANGER'S BARR
[PR]
by pengopengo | 2005-12-29 23:35 | The Bars